【ラーメン】百均商品|インスタント袋めん|電子レンジで袋ラーメンができる節約貧乏飯ランチ

2019年7月7日

カップ麺と袋めんを比較したら、当然カップ麺の方が簡単に作れます。

そのため、オフィスランチではラーメンと言えば、カップ麺。

袋めんは安いけれど、茹でるのに鍋が要るし、作るのが手間。

ところが、カップ麺と同じように簡単に袋めんを作る方法がありました。

 

スポンサーリンク

 

貧乏飯メニュー

貧乏飯ランチのメニューは、袋インスタントラーメンです。

完成形はこちらです。

即席ラーメンを電子レンジで作る

 

袋めんは麺が固いのですが、ちゃんとやわらかくなっているのか。

ちゃんと、柔らかくなっています!

即席ラーメンを電子レンジで

 

ここで、気になるのが、「特別な即席麺」でやっているのではないか、と言う疑問かもしれません。

今回の調理は、100円ショップで3個108円の普通のラーメンで実験しました。

袋即席めんを電子レンジで作る

 

3個100円なので、普通のラーメンよりも安いと言えば安いのですが、麺は完全に普通です。

即席めんを電子レンジで

 

粉スープの小袋もあります。

これも普通です。

即席めんのスープ

ラーメンは普通の袋めんと分かっていただけたと思います。

 

調理器具

さて、このラーメンの調理器具はこれです。

レンチン丼

 

「レンジでラーメン「丼」要らず」が商品名かもしれません。

100円ショップで108円(税込み)で買いました。

 

百均ファンなら一度は見たことがあるかもしれませんが、筆者も実際に買うのは初めてです。

オレンジの部分はフタになっています。

百均商品とラーメン

蒸気が適度に抜けるようになっているのがポイントなのかもしれません。

 

そして、フタを取れば丼としても使えます。

ご飯などにも使えそうで、貧乏飯ランチ的には、1個買っておいて損は無さそうです。

 

説明書が3か国語で書かれているのですが、ダイソーはこれを世界販売しようと言うのでしょうか(汗

インスタント麺とダイソーの世界展開

 

価格

今回の価格は、ラーメン3個108円(税込み)だったので、1個あたりにしたら、36円です。

安い!

具なしにしたら、36円ですよ。

 

スーパーでもやしを買ったら19円だったりしますので、もやしを追加しても、55円と究極の節約貧乏飯ランチと言えます。

 

調理器具の値段

調理器具の値段は、ダイソー商品1個なので、108円(税込)です。

レンチン丼

 

調理方法

白いどんぶり部分に、何でもない普通の即席めんを入れます。

  スポンサーリンク

即席めんをどんぶりに入れる

 

水を注ぎます。

水の量は、即席麺の袋に書かれている量です。

この場合は450ccでした。

即席麺の電子レンジラーメン

水に麺が浮くのでどのくらい入れたら良いのか分かりにくいです。

どんぶり横の目盛りで調べるしかありません。

どんぶりにある目盛り

水の量はちょっと少なめがおいしくラーメンを作るコツかもしれません。

実際は400ccしか入れませんでした。

 

目盛りは外側しかついてないし、水面は内側しかわからないし、どんぶりは透けないし。

水の量は「だいたい」ですね^^;

 

どんぶりにフタをして、電子レンジに入れます。

加熱時間は、5分ですかね。

即席めんを電子レンジに入れる

説明書を見ると、7分と書かれています。

でも、7分だとちょっと長めかも。

5分で十分です。

 

5分加熱した後の麺はこちら。

ゆであがったようには見えないかも。

電子レンジで加熱したラーメンの麺

くるくるした麺はまだ固まったままですし。

 

気にせず、粉スープを投入します。

なんだか少し不安な状況です(汗

即席めんに粉スープ

 

粉スープを溶くように、麺を混ぜるとこんな感じです。

いい具合になっています。

 

「もちあげ」をやってみると、ちゃんとゆであがっているのが分かります。

即席ラーメンを電子レンジで

普通にラーメンです。

ちゃんと5分で袋麺が作れました!

 

実食レビュー

実際に食べてみます。

たった5分で、どんぶりと電子レンジだけで作る即席袋ラーメンです。

しかも、1個36円ですよ。

やすい!

 

良い意味で、普通です。

言われないと電子レンジで加熱したとか、分からないです。

ちゃんと即席麺になっています。

 

スーパーでもやしは19円とかで売っているので、もやしを入れても良いでしょう。

カット野菜は、100円くらいで売られています。

カット野菜をラーメンに入れる

これを入れたら「野菜ラーメン」になりそうです。

これでも1食150円以下。

しかも、オフィスで作ることができるのです。

 

ラーメンは、素ラーメンにしておいて、200円の本格カレーとセットにしても良いかもしれません。

[icon image="arrow2-r"] 【缶詰】いなば|チキンとタイカレー|200円で本格的なタイカレーとご飯

 

スポンサーリンク