【焼きそば】焼きそば|カップ麺じゃない焼きそば オフィスで節約・時短・貧乏飯ランチ

オフィスでは「焼きそば」と言えば、カップ麺が常識です。

ところが、続くと飽きます。

しかも、焼きそばってラーメンに比べてカロリーが高いし、塩分も多いと言うのがこのサイトを運営していると分かってきました。

すごい成果です!

誰も言ってくれないので、自分でアピール!

オフィスで、カップ麺じゃない焼きそばを作ってみます。

カップ麺よりも安くできるのか!?

 

スポンサーリンク

 

貧乏飯ランチメニュー

今回のオフィスで食べられる貧乏飯ランチは、こちらです。
カップ麺ではない焼きそば

  スポンサーリンク

画像で見ると少し色が薄いなぁ。

ちゃんと野菜も入っています。

 

焼きそばの価格

価格を考えます。

焼きそば麺を買いました。

カップ麺じゃない焼きそば

「むし」と書かれているのは、「蒸し」です。

「虫」ではありません。

焼きそばの価格

焼きそば麺は、税込み30円。

やすい!

常温で何日も置いておけないのが玉に瑕ですが、当日くらいならOKです。

 

 

野菜はこれを使います。

野菜で節約

スーパーで、68円。

税込みで73円。

カット野菜で節約ランチ

 

ソースは今回だけではなく10回分くらいになりますが、大きいやつを買いました。

税込み148円。

ソースを選ぶ

 

今回は液体ソースを買いました。

焼きそばのソースで貧乏ランチ

 

粉スープもあります。

どちらがいいのか分かりませんが、「粉末スープ」もあります。

焼きそばソース

こちらは、138円で5食分なので、1食分約28円です。

これだとカップ焼きそばと同じような状態になります。

 

今回は脱カップ麺なので、液体ソースを選びました。

 

麺(30円)+カット野菜(73円)+ソース(148円)251円

ソースを外して考えると、103円。

カップ麺と比較してどっこいどっこいになってしまいました。

 

でも、103円なら脱カップ焼きそばとしては十分対抗馬となります。

 

調理器具

調理はいつものレンジチン容器です。

調理器具

 

他は電子レンジ。

電子レンジに投入

加熱はすべて電子レンジです。

  スポンサーリンク

 

焼きそばの調理方法

今回の貧乏飯ランチの作り方は以下です。

レンチン容器を使います。

100円ショップで買ったので、使用回数から言ったら十分元を取ったと思います。
調理器具

 

麺をそのまま入れます。

少し水を入れて、ほぐしておいた方が後々円滑です。

焼きそば麺

 

そこに、カット野菜を全部入れます!

焼きそばで節約ランチ

 

電子レンジで2分もチンしたらこんな感じ。

チンしてもこんな感じ

見た目は加熱前とほぼ同じ。

違いは分かりませんが、熱いです。

 

焼きそばソースを開けたらこんな感じです。

焼きそばソース

 

円で言うと4周くらいソースを回しかけます。

焼きそばのソース

 

十分まぜたら完成です。

焼きそばで節約ランチ

 

カット野菜は加熱でしなっとしているので、焼きそばとして良い具合です。

カップ麺ではない焼きそば

 

調理時間

調理時間は非常に短い!

レンジならば2分だけです。

色々ごそごそしても3分で完成です。

 

時間としてもカップ麺と十分対抗できます。

 

焼きそば実食レビュー

それでは食べてみます。

カップ麺ではない焼きそば

 

焼きそばと言いながら、全然焼いていないのでソースの香ばしさはありません。

一切焦げてないので。

 

でも、焼きそばとしてはまずまず。

カップ麺とは確実に違います。

カップ麺に飽きたら、いいかもしれません。

 

野菜は多いのでカップ麺よりは健康的です。

カロリー的にも液体ソースの方がかなり低いみたいです。

 

大さじ1杯21kcalとのこと。

円4周はカロリーどれくらいか分かりませんが、大匙10杯分だとして200kcalくらい。

対して、カップ焼きそばは平気で500kcalくらい行ってます。

随分無駄カロリーをカットしました。

 

 

ついでにシュウマイも追加しました。

黒豚シュウマイ

価格は税込み105円。

 

黒豚入りシュウマイも含めても200円くらいのランチとなります。

お腹いっぱい。

 

デザートにタダでもらったフィナンシェを食べちゃいます。

安くておなかいっぱいのランチになりました。

 

スポンサーリンク