【餃子】マイルド餃子|電子レンジで加熱できる餃子で節約・時短・貧乏飯ランチ

餃子を会社のオフィスで食べていいのかと言う疑問はありますが、匂いがそれほどでもない場合、全然食べられることが分かりました。

ネックは、「匂い」と「フライパン」だったのですが、どちらも回避することができました。

詳しくお知らせします。

 

スポンサーリンク

 

貧乏飯ランチメニュー

今回のオフィスで食べられる貧乏飯ランチは、こちらです。
マイルド餃子と貧乏飯ランチ

  スポンサーリンク

 

ラベルはこんなのです。

マイルド餃子と貧乏飯ランチ

 

安いけれど、国内製造と書かれています。

しかも調理方法で「電子レンジ」があります。

マイルド餃子の調理方法と貧乏飯ランチ

 

これって、あるものと、ないものがあって、このマイルド餃子は、電子レンジ調理OKなのです。

マイルド餃子の製造会社と貧乏飯ランチ

会社は、「三桃食品株式会社」と書かれています。

福岡県久留米市の会社だそうです。

本当にあるか、たまに調べてみたら、ちゃんとありますね!

 

ご飯んも良いのですが、ラーメンと合わせてもいいでしょうね。

レンチンラーメンと貧乏飯

 

他の買いでお知らせした、焼売と似ている面がありますね。

 

マイルド餃子の価格

マイルド餃子の価格ですが、安いです!

マイルド餃子の価格と貧乏ランチ

  スポンサーリンク

72円なので、税込みで78円(税込)です。

 

他にも餃子は売られているのですが、昼から30個もあるのは多すぎます。

特盛餃子と貧乏飯ランチ

ご飯もなしに、餃子だけ30個ならばいいのか!?

 

「ラーメン屋さんの餃子」も安いけれど、これは電子レンジでの調理方法が書かれていません。

レンチンで食べられるのか・・・

ラーメン屋さんの餃子と貧乏飯ランチ

 

ラーメンは、1個36円くらいです。

 

餃子(78円)+即席ラーメン(36円)114円(税込)

 

餃子定食だと800円はするでしょう。

ラーメン+餃子をお店で食べても800円くらいはするるでしょう。

オフィスで食べたら、114円で食べられます。

 

マイルド餃子の調理方法

今回の貧乏飯ランチの作り方は以下です。

ご飯も餃子も電子レンジに入れてチンだけ!

電子レンジで貧乏飯ランチ

 

もう、分けたら面倒なので、ご飯も餃子も両方一緒にレンジに入れます。

 

調理器具

電子レンジのみです。

 

調理時間

2つ一緒に入れて、2分~2分半くらいです。

今回は2分でしたが、味も状態も大丈夫でした。

 

マイルド餃子実食レビュー

早速食べてみました。

タレもついているので、とても便利です。

マイルド餃子と貧乏飯ランチ

 

このタレは、電子レンジに入れる前に外しておく必要があります。

 

餃子とご飯で食べてもいいでしょうし、ラーメンとセットでもいいと思います。

もやしとソーセージと餃子を乗せたら、やたら豪華なラーメンになってしまいました。

餃子と貧乏飯ランチ

 

 

スポンサーリンク